Salt Crown

乙女ゲームの備忘録です♪

BUSTAFELLOWS(バスタフェロウズ)感想

皆さま、こんにちは〜。
なんとか1ヶ月に1度更新目標を果たして、今回はバスタフェの感想です。

もともと3月から5月は繁忙期なんですけど、4月から体制が変わって、ちょっと忙しくなりそうなので月2回以上の更新は早くても夏からかな、と思っています。
それまで細々と続けて参りますので、どうぞよろしくお願いします。


さて、早速感想ですが、今回はめちゃくちゃ長くなりそうなのと、キャラ別感想以降がっつりネタバレしますので、ご注意くださいませ。


バスタフェは、サイドキックスと同じ時間軸でちょっと不思議な能力を持った女の子が主人公というところも似ているのですが、恋愛面やキャラ萌え、シナリオがパワーアップした作品だなと思いました。

特に、個々のキャラルートでのシナリオはいろいろ考えさせられることが多く、とても面白かったです。
あと、主人公のテウタが可愛くて、なんというかセリフが生きている感じが良かった!声があるって良いですね。
また恋人になったあとの個別ルートもあって、楽しかったです♡


では、キャラ別感想。プレイ順で。

スケアクロウ
家主兼ムードメーカー。
みんなに弄られているけど、愛されているし、いてくれるとすごく安心する。
意外と重い過去持ちだと思っていたけれど、こういう展開なんだっていうのをあとのルートも期待すると痛い目を見ますね…。
地下鉄のところは胸熱だったな。
とても家族を大事にするのが微笑ましかったです。
テウタがちょっとお姉さんっぽい関係性なのも良いな。
スケアクロウをプレイしてからちょっと時間が経ってしまったので、彼だけ短めで申し訳ない💦


モズ
最萌キャラです♡
見た目も声もシナリオもすごく好き。
シナリオは号泣してしまったのだけど、彼の生真面目な性格、繊細さ、本当のところでの優しさ、すべてがキュンキュンしました。
今までイベントデーは、予定のある他の同僚の当直を代わってあげていたけど、テウタと恋人になってからはテウタを優先してくれたり。でも淡々としてるの!可愛い♡
あと、彼のルートではないところで、テウタが友人だからそういう話(下ネタ的なやつ)はしたくないってはっきり言ったり、なんかそういうエピソードひとつひとつで惚れる♡
それから、萌えとはちょっと違うのだけれど、
人と違う自分を自覚していて、自分が大事に思っていたことを笑われたことに傷ついたことを覚えていて、でも相手が悪意がなかったこともわかっていて、だからこそやるせなくて、
そういう経験って、思春期に誰でも少なからずあると思うんですよね。
でも、傷ついてもいいんだな、って思わせてくれる優しさをこのエピソードには感じました。
中高生時代に感じていた世界(視野)の狭さとかを医学的見地から説明してくれたりして、そういうのも興味深かったです。
あと、犯人に対しての対応がものすごくモズらしくて、よかったなぁ。
生きている感じがします。

ヘルベチカ
一番意外性があるシナリオで、第一印象からは考えられないくらいかなり好きになってしまったキャラ。
美しさを自覚して、結構ひどい発言も多いけれど、自分にも相手にも厳しいだけの理由があるし、過去がすごい…。
外見に関しては、今までの乙女ゲームではない設定のキャラなのでは?
シナリオの終盤のスチルでは、乙女ゲームでこのスチル出したのも覚悟を感じました。
強者と弱者の考え方や、
助けてもらったら、そこまでしかいけない、でもきっかけをくれたら、もっと遠くまでいける
という視点が好きでしたね。
自分の生い立ちから、相手と対等という本当の意味をわかっている感じが好き。
恋人シナリオで、お互いに独占欲が強くなってしまうのも微笑しい。
バッドはぎゅっと心が締め付けられました。あの場所に、あの姿で戻って、交わらない2人のスチルに涙が。
本人ルートでは人間らしさ全開で、それがすごく良かったのだけど、リンボの恋人シナリオのときに、一緒に過ごしてくれるエピソードみたいなスマートさも素敵だと思えて…わたしの好みにしては珍しいタイプなんですけど、好きでした!

シュウ
殺しありのバウンティハンターなので、狂犬のような危ない人かと思いきや、安心安定のお兄さんでした。
テウタのことを考えて、優しく突き放したり、テウタを大事に思うからこそ自分を大事にしたり、とその変化が穏やかで、とても優しかった。
彼の境遇からも、一番家族を求めていた人なんだろうな。
ヤンとのシナリオにはハラハラさせられたけど、わかってみればお互いに似たもの同士というか。
映画のストーリーやセリフがキーになっているところがシュウらしいシナリオでしたね。
大人な男との恋愛だったなー。意外と甘めなシナリオで、なんだかシュウ目線でテウタ可愛いなぁ♡ってなっていた気がする。
バッドエンドの仄暗さもまたかなり好みでしたね。
シュウは本当のところ、身内にはかなり優しい人なので、ああいうことが起きたときにどうなるかというアンサーとして、ハッピーエンドのと対比として最高でした。
しかし、クローザーは見た目の割にクソなまま終わったなー。

リンボ
勝手なイメージで、コドリアのルパンのような王道鉄板ルートというかチートキャラだと思っていたけど、ちょっと違っていて。
彼の信じる正義について、正義無双にならないところが面白かったです。
人によって、信じる、選ぶ正義は違う、それによって傷つくことも傷つけられることもあって。
他のキャラにもれず、辛い過去もあるけれど、彼はそこを自分で乗り越えられる強さがあるし、後悔はしていない。
その正義や真っ直ぐさが、因縁の彼には許せなかったのだろうけど。
リンボに忘れられない傷をつけてやろう思ってやったことのエグさに、テウタが泣いて怒ってくれたところ、すごく良かったな。
リンボはそれが辛くても自分の選択の結果として受け入れていたので。
あと、思った以上にいいとこのお坊ちゃんだった!
なんだろう?だからかな、そういう余裕みたいなものが彼をつくっていて、いろいろスマートだったし、少し甘えたなところも可愛かったなぁ。
あと家でメガネかけているの新鮮でした。眼鏡キャラのオフの逆!
恋人シナリオの空回りは恋してる!独りよがり感が出ていて、ニヤッとしちゃいました。


真相ルート
何かあるだろうと覚悟していたけれど、こう来るか!と…。
彼が主人公とくっついて欲しかった、とか、彼がすごい好きとかとは違うのだけれども、あまりにもあの日起こったことと、彼のその愛が悲しくて、最後の音楽とエンディングロールに呆然としながら、涙が止まりませんでした。
彼の報われることのない、静かな、でも何よりも強い愛にただ涙でした。

この真相ルートがあるからこそ、このゲームは一味違ったものになったと思うし、恐らく綺麗な終わりかたなのだろうな、と思います。

ただ、わたしはゲームに、特に乙女ゲームは自分で選択できること、自分で結末を変えることが出来ることに、小説や漫画を読むのとは違う醍醐味を感じているので、彼を救いたかったし、幸せな気持ちでゲームを終わりたかったというのが正直なところ。

彼は自分を不幸だとは思っていなかったことが、周囲にとっても(プレイヤーにとっても)不幸なことだったな。
でも、彼は許されることも報われることも望んでいなかったけれど、あの日をなかったことにしたいとは思っていた。
遡る能力の無力さを最後に突きつけられた気がします。

ということで、すごく面白かったけれど、真相ルートを見てしまって、涙なしにもう一回プレイできるかなぁ…という感じになってしまった。
緑色の舌の写真だけで、込み上げてくるものがあって、しばらくぼんやりしちゃいました。

でも、本当に各ルートそれぞれとても楽しかったし、
萌えもあって、主人公は可愛いし、夢中でプレイしたゲームだったことは間違いないです♡


お次は、パリカかガーネットクレイドルの予定です。
長文お付き合いありがとうございました。
ではではまた!


f:id:saltcrown:20200315140211p:plain

今年の購入予定など雑談

皆さま、こんばんは〜。
月に1度は更新したいな…と思っているので、今回もなんとかセーフ✨
前回からコドリアFD2本をクリアしたのですが、FDの感想って難しいな…と思って、今回は今年の購入予定と今プレイしているゲームなんかを書こうかなって思っています。
お付き合い頂ける方はどうぞ〜。

今日は久しぶりにゲームするぞ!って1日家にいたんですけど、2月は微妙に忙しくて、仕事も出張やらお付き合いが多かったりして2月の1日ゲームデーは今日が最後かも…。
このままなんだか落ち着かないまま、3、4月の繁忙期に突入しそうでちょっと嫌だなぁ💦

でも、とりあえずソフトはセットしまして、
PSPはガーネットクレイド
vitaはスチームプリズン
Switchはバスタフェロウズ

といったラインナップ✨
今まで並行プレイってしたことないんで、するかはわからないけど、いつでも何かできるのワクワクするなーって思いつきです。
まあ、あとスチームプリズンはいつのまにか増えた積みゲーです、はい。
おかしいな、友達と会うたび増えとる。 

 

さて、現段階での今年の購入予定です。
もう予約したり、買うと決めてチェックしているものだけなので、ここからまた増えていくかもしれない。

蝶の毒 華の鎖
→言わずと知れた名作!ですが、わたしは未プレイなのです。楽しみ♡

オランピアソワレ
→オトパ からふわっと購入予定だったのだけど、世界観が面白そうなのと、キャストさんでこのタイプの松岡禎丞さんの声が好きなのだー!あと内田雄馬くんが出てる♪
ただキャラクターの詳細を全然見てないのだった。

DAIROKU:AYAKASHIMORI
→これはオトパ の発表から絶対買う!!となっていたものなので。妖というジャンル?が堪らない♡
ただ見た目的にはおそらく人間の先輩が一番好きだった。あと上司。
思ってたより発売が早かったなー。

うたプリ Amazing Aria&Sweet Serenade Love
→何気に初プレイなのだー。うたプリ全部プレイするつもりなので、脊髄反射で予約したから中身を全く見てなかったことに今気づきました。

遥かなる時空の中で
→安定のネオロマ。地の朱雀と地の玄武が気になっているけど、遥かにはなんというか恋愛要素よりもキャラらしい生き様みたいなものを期待しています。
遥かの5もいつかプレイしたいなー。

JACK JEANNE
→もともと作品自体気になっていたけれど、年始に読んだ石田スイさんの製作にかける思いみたいなのに衝撃を受けました。よかったらぜひ読んでみてくださいな。note。
ゲーム中の劇のために17曲も作成したりとか、全部自分で描いたりとか、妥協しないストイックさがすごい…。
作品がめちゃめちゃ楽しみになったし、もともと舞台好きなので、そういうのも楽しみ♡

囚われのパルマ
→これはまだ買うかわからないのだけど、ちょっと毛色が変わったノベルゲームでないものがプレイしたくて。自分の選択で何かが変わるというのがどれくらいのものかわからないのだけど、攻略人数が多いゲームで敢えて間違えた選択肢を選ばないとそのルートに入れなかったりするのが、微妙にストレスなことがあるので。
あと真相が気になるというのもある。

東京24区
→これはパソコンゲームなので、スルーしていたのだけど、お友達のブログから公式見に行ったら、やばいプレイしたいとなったもの。BLゲームは買えるときに買わないと手に入らなくなるので、特典調べてから購入する予定。大メビにもどハマりしたしな…。


あと、相変わらずうたプリ活してまして、
1月はヘヴラジの公開録音に行ったり、
今月はAnotherWorld~WHITE&BLACK~に行ったり、
4月のプリライに着ていく服を真面目に悩んだりしてます。紫の服って、わたしの人生の中で持ったことないのではないだろうか…。小物もない💦
でも、トキヤも藍ちゃんも瑛二くんも紫なんだよね。
推し色が全部一緒。ある意味すごいな…。

お友達とも話題に上がったのだけど、ライブに何着て行く?!とかお泊まり会しよう!とか、この年でこういうこと楽しめるのってちょっと笑っちゃうし、なんだかすご〜い幸せなことだと思うんですよね。
乙女ゲームも凋落期みたいなこと言われていて、いつまでこのジャンルがあるのかな?とか好きなのかな?とか思っていたこともあるけれど、少なくともむこう3年は楽しめる積みゲーがあるのと10年経っても、多分それ以上経ってもきっとオタクなので、ゆるゆるっと楽しんでいきたいなと思います。


本当に雑談でしたが、ここまでお付き合いありがとうございます!
ではではまた♡

年始のご挨拶*2020*

すこーし遅くなりましたが、あけましておめでとうございます♪

ぎりぎり松の内に更新できましたー。
ここからは、つらつらと近況とか今年の抱負?的な雑談になりまーす。

例年に比べ長めだったわたしの年末年始のお休みもあっという間に終わり、今日からお仕事でした。
休み中、のんびりと面白おかしく過ごしていたので、社会復帰が大変辛かった…笑

辛いといえば、新年早々、審神者になる夢を見たんですけど、イケメン刀剣男士にちやほやされて癒されるなんてことは一切なく、めっちゃ戦う夢だったので、起きたとき、すごい疲れました。
初夢じゃなくて良かった…。
というのも、お友達に勧められて刀剣乱舞をプレイしたからだと思うんですけどね、アプリはFGOで手一杯なんだよぉ〜と思いながらぬるっと本丸運営してます…ふふ。


乙女ゲーム的には…
コドリアのFDをちまちますすめてます。
本編をクリアしてから、かなり経っているので、なんだか新鮮です。
ショルメ好きだったんだよね、と思い出しながらプレイしてます。
1本目のFD、祝福の未来は、各キャラとのエンド後ストーリー、外伝、サブキャラのストーリーと盛り沢山で早くも満足度高いんですけど、2本目のFD白銀の方がもっと面白いよ!ってお友達が言っていたので、期待値上がります✨

あとは1月中にバスタフェを…!
せっかくなので、Switchで乙女ゲームしたいなぁ、と。
わたしが持っているのは、アンシャンテ、サンドリヨンパリカ、バスタフェなので(うたプリはPSP版プレイしたので別枠)オトメイトさん以外を選んでみましたー。


今年の抱負はですね、
毎年言ってる気がしますが、まずは積みゲーを崩したい!
去年は、イベントイベントうたプリうたプリみたいな感じで楽しかったけど、ゲームもしたい〜!!
とか言いつつ、今年も1月からイベント参加予定が既にいくつかあるので、うまく時間を使えるようにするのが一番の抱負ですね✨
一般ゲームもプレイしたいし(去年はファイアーエムブレムがわたし的ヒットでした♡)

それから、ブログはせっかく続けることにしたので、月1は更新したいとかもっと感想書こうとか、ぼんやりと思っています。
引越しして、デザインをいじったりするような難しいことをしていないので特に不便を感じていないのですが、唯一コメント欄が面倒…。
返信という機能がないので、返信するために自分のブログに書き込んで自分で承認していたんですが、そんなわけないな、と試していたら、承認はいらないけど、ブログ名での返信になってしまった…。
あとコメントの非公開を選べないのも少し気になっているのです。
時間できたら、ちょっと勉強してみようと思います!

あと去年は地味に風邪をひかないが目標でなんとか達成したので、今年は体力をつけたいと思っているところに例のアレを入手したので頑張ろうかな、と思ってます。


こんな感じではありますが、
たくさんゲームして、
たくさん遊んで、
たくさんの楽しい!萌え!をゆるゆるっと綴っていければと思いますので、
今年もどうぞよろしくお願いします♪

年末のご挨拶*2019*

皆さま、こんばんは〜。

本年も懲りずにぎりぎりまで大掃除しておりました…。
なんか急にきれいな部屋で新年を迎えたいという欲望に振り回されちゃうのだー。
来年こそ早く取りかかろう…。

さて、今年も残すところ、あと少しとなりましたので、2019年の振り返りという名の年末のご挨拶になりまーす。
例年、積みゲーを公開していたりしたのですが、今年、本当もう全然減らなかったので、省略!
普通に新作とか買ってるし、お友達からオススメを借りているから数えるのが怖いわ…今、数えたらなんとか40いってなかったからセーフですね。

2019年にプレイしたのは、なんと6本。
ほとんどPSPのゲームでした。しかもお借りしたやつ。
マスケティア 、プリンセスアーサー、断罪のマリア、アブナイ恋の操作室(無印+FD)、バリアブルバリケード
数は少なかったけれど、どれも濃い味で面白かったなぁ…。満足度高かったです!
今はコードリアライズのFDプレイ中なんですが、ひとつは自分ので、もうひとつはお借りしたもの。
年明けにバスタフェをプレイ予定です。(お友達に押し付けたい♡)
来年はもう少しプレイしたいなー。積みも減らしたいし。

今年は、休日にせっせとお出かけしたのもあって、なかなかゲームする時間が後回しになってしまったのですが、そのかわり?イベントにはかなり行ったように思います。
下天の華イベント、オトメイトパーティー、ピオフィオーレの晩鐘イベント。
どれもめっちゃ楽しかった〜!特にネオロマイベントは初めてだったのだけど、本当良かった!
下天は今後の展開はなかなか難しそうだけど、ずっと応援したいなって思いました。
あと薄桜鬼のスタンプラリーにも参加しました。アクティブなオタク!

それからうたプリ関連。うたプリは本当こんなに沼ると思っていなかった…!
同じ映画を18回は観たし、CDや円盤買ったり、グッズにまで手を出してしまったw
映画のチケ争奪戦に参加したり、映画館で押しのお誕生日お祝いしたり、アニカフェでドリンクファイトしたり…。
でも、おかげさまでとても充実したオタライフでした〜。
うたプリはみんな好きなんだけど、飛び抜けて藍ちゃんと瑛二くんが好きで、こんなに好きなキャラができたのがまた楽しいんですよね♪
とりあえず乙女忘年会でも、自分から2人に話しかけたくせに、画面で瑛二くんが話してたら、黙ってそっちを見つめてしまうくらいには(その間2人は放置)イカれてますね♡
乙女忘年会もとっても楽しかったんですよ!
仲良くしてくれてありがとう〜!!
西のうたプリ先輩も交えてまた鑑賞会したいなぁ…♡


2019年を振り返ってみると、このような感じでしたね〜。
あ、とても大きなことがありまして、ブログを引っ越ししたのだった…!
お世話になっていたヤプログさんがサービス終了されるとのことで、こちらにお引越ししまして。
全然更新できていなかったんですけど、なんとか1回はゲームの感想も書けたし、なんとか続けております。
それもこれもお越しくださっている皆さまのおかげです。
ほぼ壁打ちな備忘録ブログとはいえ、反応がもらえるとやっぱり嬉しいし、萌えを共有できるのは楽しいものですね。
いつもありがとうございます♡
来年も、ゆるゆるしたブログになるかとは思いますが、どうぞよろしくお願いします!

良いお年をお迎えくださいませ☆彡


VARIABLE BARRICADE 感想

途中仕事やらうたプリやらで、とんでもなくクリアに時間がかかってしまいまし
たが、無事クリアしましたー!
バリバリ、とても楽しかった♡

バリバリは、オトパの新作発表時から乙女の皆さんの期待値が高い作品でしたが、わたしはスルーしておりました。
美しいスチルに、豪華な声優陣、実力派の制作陣と、いつものわたしならコロリといきそうなものですが、購入しなかったのは、ダメンズという属性にいまいち
興味がわかなかったんですね。

しかし、いつものお友達の「バリバリやってないんだっけ?」「うん」「じゃあ持っていくね」「ありがとう?!」という流れるような技により、いつの間にか
手元に…。
結果、プレイして良かった!楽しかった!という、良作でしたので、1年ぶりくらいの勢いで感想を書くことにしました。
よろしければ、お付き合いくださいませ~。
※キャラ別感想はネタバレしています。



シナリオは、婚約者4人との共同生活でのやりとりは微笑ましく、個別ルートでのアップダウンは飽きさせないですし、キャラクターの肉付けがしっかりしてい
るから、どのキャラクターの「らしくて」、次どうなるんだろう?と思わされました。

攻略キャラは4人とも事情持ち。それぞれ理由があって、主人公のヒバリちゃんと関わることで攻略キャラにも変化があるんですけど、それだけではなく彼らと
の交流を通してヒバリちゃん自身も成長していくところが、このシナリオのひとつ芯が通ったところだと思います。
もちろんちゃんと恋愛もしているんだけど、ヒバリちゃんを応援してしまう気持ちが強くて、萌えよりもずっとお姉さん視点だった気がします。

バリバリは、システムが独特で、合うか合わないか分かれそうだな、と思いました。
共通ボードと個別ボードがあり、共通では攻略キャラ全員と交流をしていくのですが、短いエピソードを何個も見ていくので、話がぶつ切りになる感じがある割
に、結構時間がかかるので、はじめは挫折するかと思いました。
が、2周目からはスキップできるし何よりこの共通ボードがあるからこそ、攻略キャラ4人にそれぞれ愛着がわくと思います。
あとボードでエピソードが図式化されていることで、あとどれくらいなのかという目安がつくのは良かったです。



さて、お次はキャラ別感想です。ここからはがっつりネタバレしていますのでご注意くださいね。

那由太
わんこ系元気男子は、好みではない…のにキュンキュンさせてもらいました。
彼の正体、全然想像もしていなかったので、いい意味で裏切られました。ボディガード姿がマジで格好いいです。
あとただのわんこではなく、自分なりの信念があるところもまた良いな、と。周囲がそれを持ち上げるのではなく、プロ失格とか、わがままとちゃんと評してく
れているので、受け入れやすい。
ギャップ萌え…♡
シナリオとしても、この子は絶対裏切らないキャラ(忠犬)という思い込みを斜め上の理由で裏切ってくれて、一筋縄ではいかなくて面白かったー。

汐音
ひたすら美しく、ひたすら面倒だった…。この半分は汐音のせいだけではなく、サブキャラのあざとい系お子ちゃまのせいかもしれない。
何に対しても執着が薄い人が本気になるという展開が結構好みなはずなのだけど、汐音らしさがそう崩れなかったので、ヒバリちゃん、振り回されていて大変そうだなぁと同情してしまった。
まさに攻略されているヒロインを見ている感じでしたね。
バリバリらしいのかな。

大我
オラオラ系の見た目は好みではないけど…とプレイをしたけど、なんというまともな人なんだ…!と驚きましたw
共同生活は彼がいたからうまくいったんだな…。へたれてからは、避けられるヒバリちゃんは可哀想だったけど、なんというか悩みも庶民的かつ真っ当で、もの
すごい真面目な人なんだなぁと感心してしまった。安定感抜群だよ…。
男っぽいし、人気のありそうなキャラですね〜。

壱哉
うん、ないな、とヒバリちゃんと同じくらいスルーしていたのに、なんですか?
あのスチルは。反則でしょ。めっちゃ可愛い。
泣き顔に萌えるって新しい扉を開いた感があります。ヒバリちゃんの気持ちがわかる。
一言でいうと情けないキャラなのに、まるでヒロインなんじゃないかと思うくらい、ヒバリちゃんに救ってほしかったし、崖のシーンは笑いと感動があった!
微妙に共依存っぽい始まりだけど、トゥルーまで見ればお互い勘違いだったこともわかるし、幸せになれそうでよかった♡

隠し(トゥルーエンド)
春日、めっちゃ好みだったんですよ。
いや、今も結構好きだし、執事ってポジションは美味しいし、兄妹OKなゲームだって世の中にはいっぱいあるのに真面目にアウトにしているのは、このゲーム
のベースにある健全さなんだろうなぁ。
「愛のある結婚」とかヒバリちゃんのご両親の話とか壱哉の家族の話とか、何気に絶対的な不幸な世界ではないようにできているんですよね。
これってすごいことで、ゲームの緩急をつけるために辛いエピソードを付加するってよくある手法だとは思うけど、作り物とはいえたまに辛いので、全部プレイ
して、愛のある話だなって思えるのって本当すごい。

あと、春日の行き過ぎたシスコンに性愛が一ミリも入っていないから攻略キャラになりようがないのも仕方ないかなと思います。
わたしは攻略したいけどw
しかし、ヒバリちゃんもかなり強烈なブラコンに育ったので、なかなか結婚相手は苦労しそうだな。
でも、仲良さそうで何より〜!
春日いいな、と思っているプレイ当初から、プレイ済みの方たちから漏れ聞く「春日ね…」の意味がやっとわかってすっきりしました。


以上、久しぶりに書いたら長くなった―。
お付き合いありがとうございました♪

いつのまにかクリスマス終わってますが、お次は、クリスマスの時期にプレイしたかったコードリアライズのFDをプレイしまーす!
ではではまた!